院長紹介

院長紹介
お口元の衰えにお悩みの方に、健康と美しさを取り戻して差し上げたい

天然歯と見分けがつかないインプラント治療なら当院へ

院長あいさつ

フリージア歯科クリニック院長  浦 栄吾

現在、入れ歯やブリッジをご使用の方のお悩みのなかで、「噛めない」「手入れが面倒」「目立つのが嫌」と共に数多く挙げられるのが、「友人との旅行先で外したところを見られたくない」というものです。

恥ずかしい思いをしたり、相手に気を遣わせてしまったり、旅行自体を躊躇してしまうこともあるそうです。

解決策として、インプラントにするということがまず考えられます。
ただし、手術やお手入れ、費用のご不安もあるかと思います。
当院では、決して安易にインプラントをお勧めすることはありません。
患者様のお悩みに対し、歯科のプロとしてできる限りの提案をさせていただき、一つひとつのメリット・デメリットを説明し、不安を安心に変えていけるよう努めております。

勤務医時代に顎の骨折治療、口腔癌の摘出手術などに数多く立ち会ってきたことで、インプラントにおいてもそれらの技術で対応いたします。
自分にインプラントは無理だと思い込まずに、まずはご相談ください。

フリージア歯科クリニック院長  浦 栄吾

 

経歴

2000年 大阪歯科大学歯学部 卒業
2004年 同 大学院 歯学研究科 博士課程 修了(歯学博士)
大阪歯科大学 口腔外科学第1講座 非常勤講師
2005年 兵庫県警警察本部 歯科 医長
2007年 大阪市立総合医療センター 口腔外科 勤務
2009年 北大阪インプラントセンター 勤務
2011年 フリージア歯科クリニック オリックス本町ビル院 開院

 

受講セミナー

  • 大阪口腔インプラント研修センター認定医取得セミナー
  • ノーベルバイオケア ブローネマルクインプラント講習会
  • ノーベルバイオケア All on 4 Dr.Malo ポルトガルコース
  • インプラント審美 Dr.Grunder プライベートセミナー
  • 5-Dジャパン アドバンスコース
  • 明石矯正会
  • インビザライン講習会

 

所属学会

  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本口腔外科学会
  • 日本歯科審美学会
  • 日本口腔科学会
  • 日本口腔診断学会
  • 日本歯内療法学会

 

歯の欠損を放置することの危険性

歯の欠損を放置することの危険性

重度のむし歯や歯周病、または事故などにより歯を失ってしまったとき、「1本くらい」「見た目は別に気にならない」と放置しておくのは危険です。

永久歯が生えそろったあとも、歯は常にお互いに押し合いながらバランスを保っています。
たとえ1本の欠損であっても、両隣の歯が倒れてきたり、咬み合うはずの歯が異常に伸びてきたりする事態を招きます。
健康な歯の削除、矯正が必要となる場合もあります。

歯並びや咬み合わせの悪化は、残存歯の寿命を短くします。
ブラッシングが難しくなり、むし歯や歯周病のリスクも高まります。

欠損歯治療への想い ―― 噛める、目立たないうえ快適さをプラスする

欠損歯治療への想い ―噛める、目立たないうえ快適さをプラスする「アンチエイジング歯科治療」―

歯の欠損の対処法としては、入れ歯、インプラント、ブリッジ、親知らずの移植などで幅広い対応が可能です。
特にインプラント治療においては、「噛める」「目立たない」に「快適さ」を加えた治療を行なうことができます。

メインテナンスが楽で、介護を受けるようになったときにも少し手入れをして衛生的に使用できる「シンコーンシステム」や、インプラント埋入手術当日に仮歯を装着できる「オールオン4」、磁力により入れ歯を強固に安定する「マグフィットMIP」などがその代表格です。

当院での欠損歯治療のメリット

WEB予約はQRコードで

無料カウンセリング

症例写真

歯を抜けたままにする危険性

治療法の比較

Dr.Ura 症例ブログ

料金について

よくあるご質問

院長のひとりごと

フリージア歯科クリニック オリッククス本町ビル院 Official site

本町インプラント・審美治療専門サイト

親知らず専門サイト

マウスピース矯正専門サイト

ACCESS

〒550-0005 
大阪府大阪市西区西本町1丁目4番1号
オリックス本町ビル2F

診療時間

平日 午前 10:00~13:30
午後 15:00~19:30
土曜 午前 10:00~13:30
休診日 日曜・祝日
第1・3・5土曜

お問い合わせ

Tel. 06-6567-8241

お問い合わせフォーム