親知らずの移植・ブリッジ

親知らずの移植・ブリッジ
自分の歯を自分に移植。前歯への効果的なブリッジ。
見過ごされがちな治療法にも幅広く対応

健康な残存歯を削る必要がない画期的な親知らず治療があります。

親知らずの移植と特徴

親知らずの移植と特徴

重度のむし歯や歯周病のために抜歯せざるをえない場合、入れ歯やブリッジ、インプラントでその機能を補うのが一般的ですが、当院では「親知らずの移植」という選択も可能です。

  • 健康な残存歯を削る必要がない
  • ご自身の歯なので拒絶反応が起こりにくい
  • 自分の歯で噛めるという喜びがある

さらに条件によっては保険が適用されることもあります。

詳しくはこちら

ブリッジ

ブリッジ

ブリッジのメリットのひとつに、「歯ぐきをつくりやすい」ということがあります。

前歯を欠損した場合など、インプラントでは痩せてしまった歯ぐきを再現することはできません。
ブリッジなら、歯と歯の間の歯ぐきまで、美しく仕上げることができます。
また、狭くてインプラントの埋入ができないときなどにも、ブリッジが有効です。
両隣の歯への負担の少ない、ウェルデンツ社のブリッジもございますので、ときには非常に有効な手段となります。

インプラント、入れ歯、ブリッジの比較

  インプラント 入れ歯 ブリッジ
見た目のよさ 自然の歯と変わらぬ美しさ 保険外の治療であればある程度の美しさ 保険外の治療であればかなりの美しさ
咀嚼力 よく噛める 保険外の治療であればよく噛める場合も ある程度は噛める
口内環境 よい状態を保てる 不衛生になりやすい 不衛生になりやすい
口内への影響 独立して自らの力で立つため、周囲への負担はほとんどなし 周囲の歯に負担がかかる歯ぐきが痩せる 周囲の歯を削る必要がある
歯ぐきが痩せる
毎日のお手入れ ご自分の歯と同じようにケアできる 取り外したうえでの洗浄が欠かせない ご自身の歯と同じようにケアできる。
クリニックでのお手入れ 3~6ヶ月に1度程度
※個人差あり
定期的な調整が必要 定期的な調整が必要
目立つデメリット 手術を行なうことになる
費用が高額
インプラントを入れている間は定期的なメインテナンスが欠かせない
宿泊先でも取り外さなければならない
違和感がある
周囲の歯の負担が大きい

それぞれのデメリットを解決!

インプラントのデメリットを解決

「費用が高額」→シンコーンシステムオールオン4マグフィットMIP
「メインテナンスに通うのが面倒」→シンコーンシステム

 

入れ歯のデメリットを解決

「宿泊先でも取り外さなければならない」→シンコーンシステム(入れ歯を使ったインプラント)
「違和感がある」「不衛生になりやすい」→ウェルデンツ社製品

 

ブリッジのデメリットを解決

「周囲の歯の負担が大きい」「不衛生になりやすい」→ウェルデンツ社製品

当院での欠損歯治療のメリット

WEB予約はQRコードで

無料カウンセリング

症例写真

歯を抜けたままにする危険性

治療法の比較

Dr.Ura 症例ブログ

料金について

よくあるご質問

院長のひとりごと

フリージア歯科クリニック オリッククス本町ビル院 Official site

本町インプラント・審美治療専門サイト

親知らず専門サイト

マウスピース矯正専門サイト

ACCESS

〒550-0005 
大阪府大阪市西区西本町1丁目4番1号
オリックス本町ビル2F

診療時間

平日 午前 10:00~13:30
午後 15:00~19:30
土曜 午前 10:00~13:30
休診日 日曜・祝日
第1・3・5土曜

お問い合わせ

Tel. 06-6567-8241

お問い合わせフォーム